計算の筆算の位の大切さ

今と昔では、計算の仕方の教え方がちょっと変わってきていると感じます。
私の記憶が間違っているのかとも思いましたが、やり易くするのが一番だと思ってます。
繰り上がりを忘れないように書く書き方も本人が分かるが一番だと思いますが、こう書くのだと決まりが先行していて、私からすると分かりにくいと感じます。
掛け算の筆算に関していえば、位の意味が分かっていればそんなに苦労は無いと思っているのですが、子どもはごちゃごちゃになってしまい嫌になってしまいます。
算数も積み重ねが大切ですが、今二進法や十進法という原則の言葉は難しいからか置き去りにされていて、位はと聞かれると分かったつもりの子は、あれとなりやすいのではないかと思います。
筆算の意味をきちんと説明して理解して計算を教えてはいますが、それを理解する基礎ができてないとならないので、位の意味は大切だと思っています。
家での反復がものをいうのかもしれません。
でも、その反復を子どもが進んでするには、やはり基礎が大切だと思います。

Comments are closed.